太陽光発電の工事で確認しておきたいこと

太陽光発電システムを住宅に設置する際に業者とトラブルになる消費者が増えているようです。
最近は太陽光発電が注目されているため市場に新規参入する業者も増えていますが、そういった業者の中には技術的に未熟なところもあり、設置工事後に雨漏りがするなどのトラブルを引き起こすことがあるようです。
こういったトラブルを避けるために、消費者はどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。
まず、住宅が太陽光発電システムの設置に適しているかを確認しましょう。
住宅が塩害地域や強風地域、積雪地域にある場合、通常の設置工事だけでは後々トラブルが起きるリスクが高くなります。
たとえば、塩害地域の住宅の場合は固定金具や架台が錆びて腐食が進み、雨漏りなどの原因になったりします。
また、強風地域や積雪地域等の場合にはしっかりとした強度を確保しておかないと、屋根から太陽電池モジュールが落下してしまうということにもなりかねません。
また、設置する屋根の材質や傾斜も確認しましょう。
比較的古い住宅の場合は屋根の強度が十分でない場合もあり、標準工事以外に追加的な工事が必要になる場合があります。
また、屋根の傾斜や形状によっても追加的な工事が必要になる場合があります。
こういった追加工事には多額の費用がかかるため、業者の中には安さをアピールするために標準工事だけで済ませてしまうことがありますが、安全性を確保するためにも必要な工事はしっかりと行うようにしましょう。
太陽光発電システムの工事は屋根へのパネル設置工事だけではありません。
その他の機器を設置する工事や配線工事なども必要になります。
その中でもパワーコンディショナーの設置については業者にしっかりと確認を行いましょう。
パワーコンディショナーは接続箱と一体になっているタイプもあり、その場合には屋内にパワーコンディショナーを設置することになりますが、この場合は屋内に引き込む配線の数も多くなるので注意が必要です。
配線の引き込みのために家の壁に穴を開けたりする必要が出てくるかもしれません。