東京都の足立区で太陽光発電を設置しよう。

太陽光発電は京都議定書が結ばれてから二酸化炭素排出量を少なくするために火力発電などの代替エネルギーとして推奨されてきました。
そのために補助金などが充実していて個人のお宅にも設置しやすくするために補助金が出るようになりました。
補助金は2005年にいったん廃止されましたが2009年に再開され、
現在では国の補助金と都道府県の補助金と市町村の補助金があります。
そして太陽光発電は日照時間と密接に関係しています。
日照時間が長ければそれだけ発電効率は高くなり設置する効果も上がるからです。
東京都の日照時間は全国平均の中ごろでまずは問題は無いでしょう。
太陽光発電で発電した電力の余剰分は電力会社に売ることができます、
自宅で使用して余った電力を売ることができればそれだけ設置した効果は高いわけです。
現在足立区で太陽光発電を設置する場合の補助金は国と東京都の補助金で、
足立区の補助金は受付終了です。
しかしかなりの部分補助金を使えるメリットは大きいと思います。