東京の商業施設や住宅でも設置が増えてきています。

太陽と共に生きてきた我々地球人は、
これからも太陽の恩恵を受け続けることになるでしょう。
それは太陽光を利用した発電、すなわち太陽光発電です。
東京でも今、積極的に導入する動きが見られています。
学校などの建物にソーラーパネルを設置しているのが見られていますが、
東京を代表する建物であるスカイツリーの商業施設でも設置されているのです。
9階ルーバー部と8階屋上庭園部に設置され、施設内で電気を利用しています。
およそ300もの専門店が入っているスカイツリーの商業施設で利用することは、
商業施設で食事やショッピングを楽しむお客さんからは普通の電気でありますが、
最新スポットでも環境のことを考えて導入されていることを知っていただければと思います。
スカイツリーの商業施設で太陽光発電していることを既に知っているのなら、
訪れた際に太陽光発電によるものであることを感じていただければ良いと思っています。
また、こういった施設だけでなく、住宅でも積極的に導入する動きが見られます。
都心部はビルが多く住宅が少ないわけですが、
練馬区、世田谷区、三鷹市、調布市など住宅が多い地域では、
太陽光発電にしている住宅が増えてきました。
携帯電話のように一気に普及とまでは初期費用の関係でいかないものの、
屋根にソーラーパネルの載っている住宅を見ると、
時代の先端を行っているような気がしてしまうのです。
別に新し物好きだから導入しているわけではないのでしょうが、
東京から流行が発信していくように、
太陽光発電も東京からどんどん増えていけば良いと思っています。