太陽光発電のメリット

長年住んでいた家のリフォームを行うと同時に、屋根に太陽光発電システムを導入しました。
国や自治体からの補助金も出ましたし、ご近所さんでも近年導入して期待通りの発電量を得られてるお宅が増えている事から、思い切って決断したのです。
結果、導入は正解だったと感じています。
田舎で田んぼしかなく、日当たりが良いだけが取り柄の様な集落ですので、太陽光発電システムとの相性は良かったみたいです。
さすがに冬場は使用料が上がり発電量も下がってくるので、支払い額の方が多くなってしまいますが、夏場は本当によく発電してくれます。
一年を通じてみてみると、電気料金としては実質ゼロ円が実現しているように思います。
リフォームで太陽光発電と同時に、電気温水器とIHクッキングヒーターへの切り替えをしてオール電化住宅となってのこの数字なので、非常に満足しています。
単純に費用の面も大きなメリットですが、電気がいままでよりもより身近になったことも良かった点だと思っています。
システム導入と同時に、室内に設置されたパネルを見れば、発電量や使用量が手に取るように分かるようになったので、節電に対する意識が本当に高くなりました。
家族で住んでいると自分ひとりの意識の変化だけでは対して変わらないのですが、家族全員の意識を変える事が出来た事が大きいように思います。
電力需給に関する世の中の風潮が変化している現在にあって、日本全体からみれば小さいものですが、それでも少しでも世の中に貢献できていつと言う思いが持てるのも嬉しい事の一つです。