足立区の太陽光発電に対する補助金

地球温暖化が世界各国で進んでいます。
そのため、森林が減少したり動物の絶滅が危惧されるなど、様々なところで影響が出ています。
そこで、日本国内でも地球温暖化を防止しようとその原因となる温室効果ガスの排出規制がされ始めています。
そして、太陽光発電は、発電時に温室効果ガスの一種である二酸化炭素を発生させず、また、石油などの天然資源を用いず太陽の熱エネルギーで発電するため、地球温暖化防止に役に立つとされています。
そこで、住民らの住宅用太陽光発電システム設置を促すために、各自治体では設置に対しての補助金制度を設けています。
通常、システム設置には高額の費用がかかります。
そこで、補助金により費用負担を少しでも減らして、太陽光システムを広めることが補助金制度の狙いです。
東京都足立区でも、太陽光発電システムの設置に対して予算をとり、補助金制度を設けています。
平成24年度に至っては、申請額が予算枠をオーバーするなど、補助金制度の反響は大きいです。