お薦めです

太陽光発電とは屋根に太陽電池を取り付けて太陽の光で電気を作るシステムのことです。
最近ではエコロジーに対する意識も高まって新築一戸建ての住まいや商業施設、一般の会社などでも、よく見かけるようになりました。
太陽光発電にすると作った電気は家庭や施設で使えますし、あまった電気は電力会社に売ることが出来ます。
もしも火災で停電になったときは太陽の光さえあれば電気を使うことも可能です。
特に我が家はオール電化にしましたので太陽の出ていないとき以外は太陽光発電のエネルギーで全てまかなうことが出来ています。
また、電力モニターをつけているので子どもたちにも電気の使用状況が分かります。
自然と節電の意識も高まりました。
よく「太陽光発電を取り付ける費用は高いでしょう!?」とたずねられることも多いのですが、そんなに高額でもありませんでした。
設置費用は200万円ほどです。
取り付けることにより電気・ガスの光熱費が節約できていますので長い目で見ると、とてもお得になります。
また国の補助金制度と固定費価格買取制度を利用しましたので設置価格が、お得になり月々の電気売買収入が増える計算にもなっています。
この補助金制度は平成25年の3月末までの制度です。
また売電価格1KWhあたり42円で買い取ってくれるのも同時期までの申し込みに限られてくるので迷っている方は早めの購入、取り付けをお薦めします。
まずは無料診断と見積もりをインターネットなどでシュミレーションをしてみましょう。