将来の不安も減りました

以前から、自分の年金は本当にもらえるのだろうか、
何か資産を運用した方がいいのか、
といった漠然とした不安がずっとありました。
そんな時にTVでたまたま太陽光発電に関する特集をやっていたので、
見ていると太陽光発電を設置するだけで十数年後には
利益になるってことが初めて分かったんです。
そこで、本当なのかと思い自分でも調べてみることにしました。
とりあえず、よくわからなかったので、
市役所に行ってみて自分が国や県や市からどれくらいの
補助金を受け取ることができるのかについて教えてもらいました。
残念ながら聞いたときはすでにその年の募集は閉めきっていましたので、
次の年の補助金をもらって取り付けようと思い、
それまで業者の選定などを行っていました。
最終的に、補助金をもらって太陽光発電を設置することができました。
費用は200万円程度かかってしまいましたが、
損をするかもしれない株式投資するよりは
気持ち的にも安心でした。
太陽光発電は余剰電力買い取り制度という制度によって、
家庭で使いきれなかった電力を電力会社が買い取ってくれます。
私の場合も、依然と同じようにい電気を使って生活していましたが、
それで電力買い取りの明細書を見たときはすごくうれしかったです。
金額が思ったよりも高額で一万円以上もあったからです。
これは本当に十数年で元が取れそうだと実感しました。
それで、もっと売ろうと思い発電量は自分自身ではどうにもなりませんが、
節電をすることにしました。
普通は節電すると電気代が安くなって支出が減ってうれしいということですが、
太陽光発電を設置すると収入が増えて嬉しいという
全く気持ち的に全然違う構図が生まれますので、
節電によって次の月の電力買い取り額が上がったことが
もっと嬉しかったです。
家族もそれを見るとさすがに節電をめんどくさがらなくなりましたね。
同機は金銭ですが、結果的に環境の面でも自分は貢献しているんだという
自覚が少しずつ持てるようになりました。