都心で自然に優しい環境づくり

都心では、ヒートアイランドとなり、冬でも新宿あたりのビル街では寒さ他の地域とくらべて暖かいようです。
文化が進み、科学が発展すれば便利になりますが、その反面被害がでてしまうのが自然です。
今、少しでも自然に優しい環境づくりを都心でも行っています。
三鷹市でも、自然保全を勧めていますし、また家庭や企業も二酸化酸素排出を
抑えるために太陽光発電を設置するところも増えました。
自然保護のため、そして電気代を節約することができるのと、蓄電機能を搭載している太陽光発電ならば、非常時の電気にも使用できます。
また、国や都道府県に自治体などが補助金制度を設けいていますので、購入しやすくなっています。
地方自治体により、補助金の金額は違いますが、今はその金額もインターネットでも簡単に調べられます。
購入する際には、見積もりを複数からもらい、そして補助金の金額を知ることで購入検討もできます。
二酸化酸素排出を抑えて、自然に優しい環境づくりをしていきたいものです。