オール電化住宅と太陽光発電

東京都の中野区のような大きな都市では環境志向の方もかなり多いです。
そういった方につきましては、オール電化住宅を考えている方も多くいます。
オール電化住宅ですがガスなどを使わずに、
家のエネルギーを電気で多く賄っていくものになっています。
ガスを使わないというものですがガスの代金はもちろんなのですが、
そのほかにも大きなメリットがあります。
それは家の安全性です。
ガスというものは非常に危険になります。
火災というものも起こりえますし、爆発というものもあり得るのです。
特に小さなお子さんがいるようなご家庭につきましては、
大きな存在になってしまいかねません。
お子さんが誤って使用しまして、
火災の原因になってしまうということもあるからです。
そこで中野区のオール電化ですが、一つの組み合わせを提案します。
それは太陽光発電システムというものです。
太陽光発電システムを導入することでオール電化住宅の価値は一気に高まります。
環境を考えた家に確実になってくれるのです。
オール電化住宅は環境に優しいという考え方もあるのですが、
膨大に使ってしまうのが電気です。
電気自体環境にある程度の負荷をかけまして作られてきているものになっています。
火力発電は二酸化炭素を吐き出しています。
原子力発電は放射線の恐ろしさもあります。
一方で太陽光発電でつくられた電力にはそのようなものは発生しません。
二酸化炭素自体も出てきませんし放射線ももちろん輩出しません。
太陽光発電システム自体を作るのには二酸化炭素が排出されますが、
それは太陽光発電を始めて2年で回収できる量とも言われる存在です。
環境に優しい太陽光発電とオール電化のタッグですが、
中野区で行うようなメリットも大きいです。
そもそも東京というのは自分の地域では発電をあまり行っていません。
他の地域で発電してもらいそれを利用しているのです。
それは効率的な事であるとは言えません。
自分の地域の電力は自分の地域で発電する、
という第一歩が中野区での太陽光発電なのです。